糖質制限ダイエット 食事制限で制限してはいけないもの




 

栄養

こんにちは。

MORITOです。

本日は健康な食事について考えてみましょう。健康ボディメイキングダイエットは切っても切り離せない関係にあります。健康でなければかっこいいカラダになったところで意味はないのです。最も大切なのは健康です。だからこそ安全な食事、何がカラダには必要なのかを考える事は避けては通れません。

人間の食事について考える

食べ物は今、相当な数の選択肢があります。体が欲しがるものをそのまま選んで食べると(好きなものを好きなだけ食べると)見るからに体に良くなさそうなものを選んでしまう事が多いです。こういった場合は何かカラダが健康から離れた状態であるともいえます。不健康な方は上記のような食事を、健康な方は健康的な食事をしている事が多いのです。

健康的でカラダに対しても悩みとは無縁な状況で過ごしている方はおそらくこのブログにたどり着いてはいないと思ってます。悩んでいるからことカラダを変えるためのスタートラインとして自分で調べるという行動に移り今こうして私を文字で対話をしているのでしょう。

つまり、殆どの人が食べたいものを闇雲に食べるだけでは、健康にはなれないようですね。日本の食事はそれだけ恵まれていて、皮肉な事にそれが故不健康なのです。(日本は健康には疎い国です)

では何をカラダが欲しがっているか知って、考えよう

今日は少し小難しいことが続きますが、もしよければお付き合いください。

では、カラダは何からできているのかカラダの組成(材料)を知り、その新陳代謝をさせることを考えていきましょう。

人間を構成する元素は、割合が多い順に並べると、酸素63%炭素20%水素9%窒素5%カルシウム1%リン1% だそうです。例えば、体重60kgなら、この中で一番少ないリンは体内に600gも存在しています。

人間は海の子

「人間のカラダの元素組成は海水に似ている」と専門書籍などではよく言われます。

2000年1月のある大学の入試センター試験の「化学ⅠA」には、宇宙、地殻、人体の「元素の存在比」の円グラフが表示され3つを対応を解く問いが出題された事があるそうです。

人間のカラダと人血漿の元素組成を足していくと、海水中(海)の元素組成に似ていると。

そうです。我々は海の子だったのです。(/・ω・)/

人間のカラダを構成するもの達

人間のカラダで、多く存在する元素は先ほど述べた①酸素②炭素③水素④窒素⑤カルシウム⑥リン(多い順)でしたね。

人間のカラダに存在する少量元素(少ないもの)は①硫黄②カリウム③ナトリウム④塩素⑤マグネシウムがあります。

さらに少なく存在する元素として①鉄②フッ素③ケイ素④亜鉛⑤マンガン⑥銅と続きます。

超超少ない元素として①セレン②ヨウ素③モリブデン④ニッケル⑤クロム⑥コバルト⑦バナジウムなどがあります。

このわずかな元素達が、実は人間にカラダにとってとても重要な役割を果たしていることが分かっています。

様々な生物は金属元素もよく使っています。「酸化還元電位の低い=電子を放出しやすい金属」という事らしいのですが私は化学に疎いのでこの辺は詳しく語れません。。( ;∀;)

金属タンパク質(タンパク質と金属が結びついた物質)は、カラダの中で非常に重要な役割を果たしているのです。

例えば、銅と鉄が入った”シトクロムcオキシダーゼ”という奴はミトコンドリアの膜に入りエネルギー貯蔵物質ATPをつくっています。(人が動くエネルギー・アデノシンサン)※ATPについては今後語るかもしれません。

皆さんも一度は聞いたことがあると思います。ヘモグロビンは、実は金属タンパク質です。

ストレスなどでカラダに発生した活性酸素を、過酸化水素に変えて除去するSOD(銅と亜鉛)も金属タンパクで、この過酸化水素をさらに水と酸素に変えてくれるのもやはり金属酵素のカタラーゼ(鉄とマンガン)です。

人間は、空気中の酸素をうまく利用するため。
微生物は空気中の窒素を利用するため、金属酵素を活用しているようですね。

金属タンパクの種類は数十種類と言われてます。

この数十種類の金属タンパク質が人間のカラダの生体反応を可能にしています。

ホルモンと反応中間体・サプリメントに頼ってはいけない理由

良く耳にするけどよくわからないと言われます。「ホルモン」です。

ホルモンはまあ一声で言うと物質です。カラダの状態を正常に保つためぶわーーっと出てきて必要な情報を握ってカラダの中を巡っている頼もしい奴です。目で見て理解するものでもないのでオーラとか気、みたいなイメージをもって頂けると理解しやすいかもしれません。

このホルモンも体内でつくられる過程の物質です。

※反応中間体が活躍していることが分かっています。※分子の実体です。スルーでOKです。

サプリメントだけじゃなくて食事から栄養をしっかり摂ってね!」というのは上記が理由です。カラダの中から分泌されるべき子がサプリメントとして体内に入るとカラダの反応が鈍るんです。本来あるべき状態でい続けるためにもあくまでサプリメントは補助食品として活用するのが大事ですね。

ホルモンや反応中間体などがカラダの中で自然につくられる状態にするため、ミネラルは、特に食事制限で減ってしまわないように注意が必要です。

そして海の塩(海塩)は元素の相互作用が期待できるそうなので摂った方がいいそうですよ!我ら海の子!

まとめ

生きていくために不可欠なものとして有機物であるビタミンがあります。

(前回記事を書いたのでビタミンが良くわからない方は是非!↓)

https://kinntoresyosinnsya0817.site/bitamin/

ですがこう「生きるために必要!」と言われ続けてますが我々はこのことを知らなくても生きてきてますよね。なんだかんだ言ってしっかり栄養を摂ってるんですよ。それは皆さんの実家のお母さんがしっかり食事を作ってくれてたからかもしれませんね。一人暮らしして体調の変化大きくないですか?

ただ、「ミネラルを摂るぞ!」って思って食事をしていれば自然とビタミンも摂ってます。

食事制限やみくもに実施せずに知識を蓄えカロリーとミネラル、ビタミンを理解してコントロールしていきたいですね。

「ミネラルを含む食物」はダイエット中もしっかり摂りましょう!

そして我々は海の子なので海塩は摂ること。

最初にお話しした一番大事なのは健康です。健康をベースにしたボディメイキングをすすめていってください!

お役に立てれば幸いです!MORITOでした。

タイトルとURLをコピーしました