ボディメイク中の健康的な朝食について




 

こんにちは。

MORITOです。

今回は健康的な朝食についてお話させて頂きます。(/・ω・)/

朝食は摂っていますか?

皆さん朝食はしっかり摂っていますか?

結論一般的に摂取している朝食は効率があまりよくないと言えます。

朝、目覚めた直後は胃腸も目覚め切ってきない状態なので

急に過度なエネルギーを流し込むと胃腸がびっくりしてしまいます。(負担がかかります)

お腹が緩くなる方も多いのではないでしょうか?

いろいろな書籍が出ていて本件も情報が盛りだくさん。結局何が本当かわかりにくくなっていますね。

朝食は食べない方が良い。と唱える人も増えてきました。

朝食は本当に有害か??

「朝食は食べない方がいい!」という意見が最近多いです。

書籍も様々なものが出版されてます。

食べない方がいい、というと結構短絡的で、実は何を摂取るべきかちゃんと選べばカラダにとってもいいことが起こります。

結局何を食べればよいのか?

朝食では「タンパク質」を基本に摂取するのが望ましいです。

且つ、胃腸に負担がかからないものがいいです。

私がいつも朝食として食べているのが「プロテイン」、「卵」です。

プロテインは粉末タイプを水に溶かして飲みます。

卵はその日の気分で食べ方を変えますがお腹が膨らむので昼ごろまで

空腹感もなく過ごすことが出来ます。

「タンパク質」を摂取するメリットは?

タンパク質主体の朝食のメリットは、、、

①カラダのタンパク質が不足した状態が防げる ※タンパク質が不足した状態が続くと筋肉量が減少します。

②胃腸に負担をかけない

③タンパク質や脂質がケトン体という脳のエネルギーになりえる物質に変化しカラダの機能が充実する

④時短になる

などが主なメリットです。

ケトン体は前回のブログでもお話しましたが

午前中に糖質を摂取しないようにすると、前日の夜ご飯から当日の昼ご飯の間まで

糖質をカットすることができます。そうすることでハーフの糖質制限ができるためケトン体生成の能力が

カラダに備わるのです。

昼ご飯、夜ご飯はご自身のPFCバランスにのっとって糖質をしっかり摂取してください。

特に夜ご飯に糖質を抜くとしっかりとした睡眠がとりにくくなるという報告もあるので夜ご飯も糖質は

食べたほうがいいと思います。

まとめ

様々な意見がありますね。

ここまでお話してきましたがこれがすべて正解とも言い切れません。

カラダの反応としては正しいと思いますがしっかり三食召し上がる方が健康的に過ごせる方がいるのも事実でしょう。

90歳以上の高齢で元気な生活をしている方々を見ても三食しっかり召し上がって生活をしています。

なのでご自身のカラダに合っているのかを確かめながら取り組むのがいいでしょう。

 

朝食をタンパク質にすることで一日にしっかり摂れていた栄養素が偏ってしまったり

摂取が足りない栄養素が出てきたりします。

そういった点も踏まえて一日に召し上がる食事を検討してみてはいかがでしょうか?

今回もお読み頂きありがとうございます。

少しでも皆様の健康のお役に立てれば幸いです。

 

MORITO

タイトルとURLをコピーしました