食品添加物を知る。あなたは大丈夫?ph調整剤の危険性に迫る!!




 

ph

 

こんにちは。

MORITOです。

 

本日は食品添加物である「ph調整剤」についてお伝えしていきます。

もし、お近くに清涼飲料水やコンビニのお弁当などがあれば成分表のところをご覧ください。

おそらくph調整剤の記載があるはずです。

 

それだけ私たちの身近に存在するph調整剤ですが、これは一体なんなのか。知っておいて損はありません。

 

ph調整剤とはなんのために使われるのか?

 

pH調整剤(ピーエッチちょうせいざい)とは、食品添加物のひとつ。 食品における腐敗防止や変色防止の目的で加工食品などに含有されている食品添加物の総称。 酸性またはアルカリ性の度合を調整するために用いられる。

※引用:Wikipedia

 

上記の記載通り、食品のph(ペーハー)値を調整するために使用されます。

 

食品はそもそも弱酸性であることが望ましいとされています。

 

ですが、食品によっては腐敗を防ぐ適切なph値というものが存在し、ph調整剤はこのph値を腐らないよう調整するために使用されています。

 

そう聞くと特に悪いものではないように聞こえますが、上記の参照例にもあるようにph調整剤とは「総称」です。

個々にはあらゆる成分が含まれており、食品の成分表を見ても、ph調整剤以外の記載はありません。

 

まだまだ使用されていますが、今まで多くは合成保存料が腐敗を防ぐために使用されてきました。

ですが皆さんの知識が増え、合成保存料が敬遠されだしたので食品メーカーはこのph調整剤を使用することが多くなってきたそうです。

 

腐敗を防ぐ、良い色合いを保つ、という点でコンビニやスーパーで売られている物によく使用されています。

 

おにぎりやお弁当やサンドイッチが有名です。

自宅で炊いたお米があんなに長い時間カチカチにならず保存できますか??

 

ph調整剤の力です。

 

他にも菓子パンや清涼飲料水にも積極的に使用されています。

是非身近な食品の成分表を見てください。

 

ph調整剤はどの程度使われているか見えないようになっている?

 

このph調整剤はどの程度使用しているか、何を使用しているか見えないようになっています。

 

細かい記載はなしで構わないことになっているので、我々消費者はどの程度摂取してしまっているのか具体的には分からないのです。

 

先ほどph調整剤は総称であるとお伝えしましたが、中にはリン酸塩、クエン酸、コハク酸、酒石酸、フマル酸などが含まれます。

 

 

 

ph調整剤の中でも本当危険なのはリン酸塩

 

リン酸塩リンさんえん、英: phosphate)は、1個のリンと4個の酸素から構成される多原子イオンまたは基から形成される物質である。 リン酸イオンは−3価の電荷を持ち、PO43と書き表される。 食品添加物としても使用される。 有機化学においては、リン酸のアルキル誘導体は有機リン酸化合物と呼称される。

※引用:Wikipedia

 

何故このリン酸塩が用いられるかと言うと、食品の水分を保つことができ、先ほどと同様、見た目や色合いなどをキレイに見せることが出来るからだそう。

 

ハムやソーセージなどの加工肉にはもちろん、清涼飲料水などにも使用されている。

 

「リン」事態はもともとカラダに必要なミネラルである。

 

だが、過剰摂取により、カラダへの悪影響が出てしまう。

 

 

カルシウムの吸収の阻害、肝臓へのダメージ。

 

安全を唱える声もあるが、危険である可能性は大いに否定できないと考えてます。。( ;∀;)

 

 

kikenn

 

具体的にph調整剤を避けるには何を食べたら危険なの?

 

もう何を避けるべきかは答えが出てますが、まとめてみましょう!

 

・成分表を見てph調整剤の記載があるものはなるべく避ける

・コンビニ、スーパーのおにぎり、お弁当

・加工肉。ソーセージやウィンナーやハムなど

・缶づめ食品

・缶やペットボトルの清涼飲料水

・ファミレスの飲み放題のコーヒー

・自分で作ってないパン

 

まー、挙げればきりがないですね。。。

ただすべてが悪、というよりは、理解した上でたくさん撮りすぎないよう自分で調整できるといいですね。

 

外食ばかりではなく自分で料理する日を設けたり。

 

成分表を見る癖をつけ、摂りすぎていると自覚できるときは摂らない!など。

 

これだけ便利な世の中で幅広く使われているので100%避けるのは非常に難しいでしょう。

 

 

ですのでうまく付き合い、ご自身と身の回りの大切な方の健康を守ってください。

 

個人で経営されているパン屋さんや飲食店では使用していない可能性もあります。

さすがに直接聞けないし、本人も知らない内に使っていることもあるので難しいですが、見極める目を持ちたいものですね。

 

健康の助けになれば幸いです。

 

MORITOでした。

 

************************************************************************

 

タイトルとURLをコピーしました