【筋トレのコツ】ポジションフレクション法とは?【POF法】




痩せたい兎
痩せたい兎

ポジションフレクション法ってどうやったらいいの?
筋トレの効果倍増らしいじゃん。

「POF(ポジションフレクション法)」は、筋トレの手法の一つですね。
集中的に鍛えることができるのでトレーニングに慣れてきたらおすすめです。

✅ 筋トレの効果が出にくい
✅ POF法って何?
✅ 最近マンネリ気味

筋肉の成長を加速させたい方は知っておいて損はありません。
3分程度で読めるので早速次のトレーニングから使えます。

ポジションフレクション法とは?

正式にはPOF法(ポジション・オブ・フレクション法)といいます。

簡単に言うと「1カ所の部位に対し筋トレの種目を3つする」って感じです。

例えば、胸の筋肉を鍛えたい場合は…

「ダンベルフライ」⇒「ケーブルプレスオーバー」⇒「ベンチプレス」

上記みたいなイメージですね。

構成にもコツがあります。

POF法の3種の組み立て方

POF法は何でもかんでも組み合わせればいいというワケではありません。

以下の3つの種類から選択すると効果的です。

①ストレッチ種目 ⇒ 筋肉が伸びながら負荷がかかる
②コントラスト種目 ⇒ 筋肉が収縮するときに負荷がかかる
③ミッドレンジ種目 ⇒ 動作の中盤で負荷がかかる

この順番によってはトレーナーによって様々な意見があるので参考程度にしてください。

先ほどの胸のトレーニングで言うと

①ストレッチ種目「ダンベルフライ」
②コントラスト種目「ケーブルクロスオーバー」
③ミッドレンジ種目「ベンチプレス」
ストレッチ種目で筋肉のウォーミングアップをして、ケーブルプレスオーバーで胸の中央部分に負荷をしっかりかけます。
最後の力全てを振り絞ってベンチプレスで出し切る。という流れです。
おそらくベンチプレスを最初か中盤にもってきたい方が多いですが怪我予防と最後にしっかり出し切りたいという意味ではこの流れはなかなかいいですよ。

いきなりPOF法をしなくてもOK

3種目すると効果的とは言いますが、まずは2種からスタートしてもOKです。
ストレッチ種目 ⇒ コントラスト種目という流れがおすすめ♪
全部位に対して行うのも急には難しいので、徐々に複数種目できる部位を増やしていきましょう。
もしくは2種目目を「プッシュアップ」のような自重で追い込める種目にしても面白いです。
コントラスト種目 + コントラスト種目
↑めっちゃ効きます。笑
パンプアップさせたい時はけっこう使える「筋トレのコツ」ですね。

トレーニング後はたんぱく質を摂取するべし

ポジションフレクション法はかなり追い込むトレーニング方法です。

しっかり追い込んだ後は「たんぱく質」を補給しましょう。
筋トレ後は、筋肉がたんぱく質を欲している瞬間です。

既に飲んでらっしゃる方が多いとは思いますがぜひ、私の個人的意見バリバリの「プロテインランキング」もお目通しください。

>>>プロテインランキングTOP3

ポジションフレクション法とは?まとめ

ポジションフレクション法とは3つの種目を組み合わせたトレーニング方法です。

初心者の場合は筋力不足での怪我が気になるので慣れてきたら取り入れてみてください。

筋トレの効果を更に感じることができるでしょう。

今回はここまで。

最後までお付き合いいただきありがとうございました。

お役に立てれば幸いです。

タイトルとURLをコピーしました