【疑問解消】ファンクショナルトレーニングとは?【ダイエット】




痩せたい兎
痩せたい兎

ファン…?クショ…え?
カタカナばかりでよく分からん!

 

ファンクショナルトレーニングですね。笑
ここ2,3年でよく使用されるようになったトレーニング用語です。

要は「動きやすい身体をつくるトレーニング」って意味です。

✅ ファンクショナルトレーニングって何?
✅ ちょっとかっこよく言ってみたい
✅ フワッと理解してるけど語れない

そんな疑問にお答えしていきます。

ファンクショナルトレーニングってなに?

ファンクショナルトレーニングをざっとお伝えするならば…

機能的で実用的な身体をつくるトレーニング
これが正解。

でも、一般的には「自重トレーニング」として使用されてるなーって思います。
間違ってはないけどファンクショナルトレーニングって重りを使う方法もあるんですよね。

ファンクショナル ⇒ 機能的、実用的

そんな意味があります。

機能的、実用的であればそれは全てファンクショナルトレーニングと言ってOKです。

ファンクショナルトレーニングをする目的って?

その人によって「機能的」「実用的」って違いますよね。

✅ 一般人
✅ ご年配の方
✅ アスリートの方
それぞれに当てはめると以下の感じ。
✅ 一般人 ⇒ 「動きの質を向上」「肩こりや腰痛の予防」
✅ ご年配の方 ⇒ 「日常生活を動きやすく」「リハビリ」
✅ アスリート ⇒ 「パフォーマンスUP」「怪我予防」

それぞれの目的によりけりでファンクショナルな意味が変わります。

けっこう曖昧な用語なんですよね。

「ダイエットのためにファンクショナルトレーニングをします!」

これだと違和感があります。

ファンクショナルトレーニングとは重力を活用する

マシントレーニング以外は全て該当するんですが、ファンクショナルトレーニングでは「重量」を特に意識します。

日常動作も動きの質もスポーツのパフォーマンスも基本は重力下で動くことになります。

ですのでファンクショナルトレーニングは重力に逆らう事を前提にメニューを構築します。

ファンクショナルトレーニングってこんなトレーニング

ファンクショナルトレーニングの例をいくつか紹介しますね。

■ご年配のおじいちゃん

悩み「椅子から立ち上がるのが辛い」
トレーニングメニュー「スクワット」
下肢の筋力が向上して日常生活のクオリティが向上しますね。

■腰を痛めやすい40代男性

悩み「重い物を運ぶときにぎっくり腰が怖い」
トレーニングメニュー「デッドリフト」
筋力と正しいフォームでぎっくり腰を予防できそうです。

■バレーボールのスパイカー

悩み「スパイクの時に高く飛びたい」
トレーニングメニュー「ジャンピングスクワット」

共通するのは動きの悩みを前提にしてトレーニングを考える点と重力が発生するトレーニングであるという点です。

ファンクショナルトレーニングとは連動すること

動きやすく機能的に。という考え方がもとになるのでマシントレーニングのように単品で鍛えることはほとんどありません。

複数の筋肉が連動して動くことを意識します。

筋肉の連動 ⇒ 「キネティックチェーン」

ジャンプで例えると、踏み込んだ足全体から腕を振り上げて力を重力に逆らうように「連動」させていますよね。

この動作一つ一つを繋がりとしてみる事がダイジです。

トレーニングの後はたんぱく質がダイジ

ファンクショナルトレーニングのような比較的低負荷のトレーニングの場合、なぜかたんぱく質の摂取をしない方が多いです。

実際しっかり動くとめちゃくちゃ筋肉痛になります。笑

それだけ筋肉がダメージを負っている証拠ですので
ダイエット目的であったとしてもプロテインなどたんぱく質は摂った方がいいです。

>>>プロテインランキングTOP3

ファンクショナルトレーニングってなに?まとめ

動きやすい身体づくりのためのトレーニングは全て「ファンクショナルトレーニング」です。

フワッと「自重トレーニング」と思っていた方はこれでファンクショナルトレーニングについて語れるようになりました。

ファンクショナルトレーニングはまだまだ奥が深いのでまた別の記事でトレーニング内容などを解説していきますね。

今回はここまで。

最後までお付き合いいただきありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました