【疑問解決】ペプチドって結局なに?身体にいいの?【ダイエット】




痩せたい兎
痩せたい兎

「ペプチド」って最近聞くけど
何者なん?

ペプチドとは「たんぱく質」をちょー細かくしたものです。

たんぱく質についての重要性は皆さんご存じの通りだと思います。

そこで、以前こんな発信をしました。

たんぱく質が大事なのですが、その前にペプチドを理解いただいた方がいいかな、と思って記事を作成してます(^^)

✅ ペプチドが何か知りたい
✅ アミノ酸とペプチドって関係あるの?
✅ たんぱく質とかアミノ酸とか意味が分からん
✅ ダイエットに関係あるの?
そんな疑問に答えます。
ぜひ最後までお付き合いください(^^)

ペプチドとはたんぱく質の細かいやつ

結論、アミノ酸が集まるとペプチドと呼ばれます。

詳細をお伝えする前に「アミノ酸」からおさえておきましょう。
たんぱく質の最小単位がアミノ酸です。

アミノ酸も結局、たんぱく質の細かいやつで極端に言うとペプチドと同じです。

✅ アミノ酸が2つ以上 ⇒ ジペプチド
✅ アミノ酸が10個 ⇒ オリゴペプチド
✅ アミノ酸が11個以上 ⇒ ポリペプチド

アミノ酸が一番小さい状態を指す言葉で、集合数に応じてペプチドと呼ばれるだけ。

大きさのサイズ順にすると…

たんぱく質 ⇒ ペプチド ⇒ アミノ酸

こんな順番です。

ペプチド結合

アミノ酸とアミノ酸をくっつける作業のことを
ペプチド結合と言います。

ちなみにアミノ酸は20種類くらい。

その中のアミノ酸がペプチド結合によりくっついて50個以上になると「たんぱく質」と呼ばれるようになります。

たんぱく質は三大栄養素の一つなのでご存じですね。

ペプチドを知るにはアミノ酸を知るべし

ペプチドについて知るにはアミノ酸を知るのが近道です。

先ほどアミノ酸は20種類だとお伝えしました。
その中でも「身体の中で作れるアミノ酸」と「食事から摂取が必要なアミノ酸」の2つに分けられます。

✅ 体内で作れるアミノ酸 ⇒ 非必須アミノ酸
✅ 体内で作れないアミノ酸 ⇒ 必須アミノ酸

非必須アミノ酸とは?

身体で合成し、作り出すことができるアミノ酸です。
が、少々しか作り出せないので食事からも摂取したいアミノ酸です。

・アルギニン
・グリシン
・アラニン
・セニン
・チロシン
・システイン
・アスパラギン(酸)
・グルタミン(酸)
・プロリン

必須アミノ酸とは?

身体で作れないので食事から摂らないといけないアミノ酸。
トレーナーの間ではよくテストに出ます。笑

・バリン
・ロイシン
・イソロイシン
・スレオニン
・リジン
・メチオニン
・フェニルアラニン
・トリプトファン
・ヒスチジン

アミノ酸スコアとは

痩せたい兎
痩せたい兎

なんかアミノ酸スコアって聞いたことあるな…

アミノ酸スコアは先ほど紹介した「必須アミノ酸が含まれている割合をスコア化したもの」ですね。

アミノ酸スコア100の食品を食べれば必須アミノ酸全てを摂取したということになります。

■アミノ酸スコア100の食品

・とり肉
・牛肉
・豚肉
・卵
・アジ
・いわし
・さけ
・マグロ

他にもありますが、肉系、魚系がほとんどです。

ちなみにプロテインもアミノ酸スコア100です。

アミノ酸スコアが高い方が吸収率もいいので100のものから厳選して摂取するのが理想です。

身体の健康を考えた上でプロテインランキングも作成してます。
ぜひ覗いてみてください。

>>>プロテインランキングTOP3

ペプチドとダイエット何か関係あるの?

痩せたい兎
痩せたい兎

んで?ダイエットと関係あるの?

ペプチドは結局「たんぱく質」ということですので、ダイエットに大きく関係します。

筋肉の量が減れば「基礎代謝」が下がります。

基礎代謝が下がれば体脂肪が蓄積しやすくなりますよね。

ですので、食事やプロテインを活用して体内にたんぱく質が足りてる状態にしておくことがダイエットで非常に重要だということです。

ペプチドって結局なに?まとめ

ペプチドは”アミノ酸が2つ以上くっついたもの”でした。

たんぱく質を分解するとその数によってペプチドと呼ばれるだけです。
単純でしたね。

食品でこんな宣伝文句みたことありませんか?

「ペプチド配合」
「アミノ酸飲料」

結局たんぱく質だよーってことです。
コンビニで探してみるのも楽しいかもしれません。

今回はここまで。

最後までお付き合いいただきありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました