ラクトアイスの危険性とは?アイスの中でも特に危険なラクトアイス




 

 

こんにちは!MORITOです!(*´ω`*)

 

今回のテーマは「ラクトアイスの危険性」についてです。

そろそろ夏も終わりますが、どの季節でもアイスは手に入ります、
冬の季節のこたつで食べる雪見だいふくとか格別ですよね!

 

そんなアイスの中でも種類が4種類あって、且つ、その中で安全性にも差があるのです。

今回はそんなアイスについてお話していきます!

■ラクトアイスの危険性とは?

 

「ラクトアイス」という表記を見たことはありますか?

実はラクトアイスは油の塊です。

植物油が大量に使われています。

植物油ときくと「植物」のワードが安心感を漂わせますが実はこの植物油がトランス脂肪酸に変わります。

あらゆる疾患のもとになります。

 

ラクトアイスはアイスであってアイスにあらず!と言ったところでしょう。

 

■アイスの種類は4種類

 

実はアイスは4種類に分けることができます!

今後アイスを買うときは裏面の「種類別」「商品名」をご覧ください。

 

①「アイスクリーム」

⇒乳固形分が15%以上である。他の種類と比べると栄養価もよく、牛乳のような口当たりとミルク感がある。
※牛乳をリスペクトはしておりません。

 

②「アイスミルク」

⇒乳固形分10%以上。なのでアイスクリームほどではないが栄養価も落ち着ていいて、口当たりは牛乳のようなミルク感を感じることができます。

 

③「氷菓子」

⇒凍らせたアイスやキャンディーの事を指します。
かき氷系のアイス全般です。

 

④「ラクトアイス」

⇒乳固形分3%以上のアイスでほとんどが植物油脂で作られている。

 

 

私のブログを読んで頂いている方には常識ですが、「安価な物には何かある」というところで、高いアイスが美味しい理由が腑に落ちますよね。

安いアイスの安い理由は何故だろうって考えたら明確です。

油なのでコストが安いんです。高いものは乳固形成分を多く使用するのでコストがかかるんです。

 

アイスでもこの図式は覆りません。

 

高いもの=安全性が高い
安いもの=危険

 

100%じゃないですが日本ではほとんど当てはまりますね。。

 

■ラクトアイスは「高果糖コーンシロップ」の塊

kikenn

ラクトアイスの「物」によりますが、砂糖すら使用していないラクトアイスも多く存在します。

ラクトアイスの甘味には「高果糖コーンシロップ」が使用されています。

原材料でいえば「ブドウ糖果糖液糖」「果糖ブドウ糖液糖」と呼ばれるものです。

 

これが何かというと、化学的に作られた「舌が甘いと感じるだけ」の成分でコストがとても安いです。
且つ、非常に強い甘味を感じます。大量生産のお菓子やラクトアイスにはもってこいなのです。

そして血糖値を急上昇させます。

血糖値が急上昇すると一気に下落した時にお腹も空きます。

糖尿病の引き金にもなりかねませんしそうなるとあらゆる合併症の恐れもあります。

 

そもそも血糖値の急上昇は危険ですので避けたほうが無難です。

 

■アイスのまとめ

 

寒くなってきたのに私の部下たちは「アイス食べたいですー」と盛り上がってました。(笑)

それがきっかけで11月のこの寒い時期にこの記事を書いてるのですが・・・

 

アイス一つとっても「知ってる」「知らない」の差は非常に大きいと痛感します。

 

子供たちもアイスは大好きです。お小遣いの中で、もしかしたら「安くておいしい」という理由だけでラクトアイスを選択しているかもしれませんね。

その正体は「化学的に作られた舌を騙す甘いと感じるだけのもの」+「油(危険)」とも知らず・・・

 

そんなものを子供や大切な方に食べさせたくないのは私だけじゃないですよね??

 

長くなりましたがまとめます。

  • アイスは「アイスクリーム」一択
  • 他は油が多い。というかアイスじゃない
  • 植物油と化学添加物で出来ているラクトアイス
  • 安いものには理由がある

以上です。

 

少しでもお役に立てれば幸いです。

MORITOでした。(*´ω`*)

***************************************************************

タイトルとURLをコピーしました